カメラテクの紹介

綺麗な写真撮影に興味が有り、一眼レフカメラを購入したものの、思っていたよりも上手く扱うことができずに押入れの番人になっている、というような人も多いのではないでしょうか。
確かに一眼レフカメラは高度な写真撮影を行うことができる機材であることは間違いありませんが、専門性が高いものであるため、正しい扱い方を知らないと通常のカメラと同じか、それ以下の写真しか撮影できない、ということがよくあります。
しかし、正しい撮影テクニックを知っていれば、いわゆるコンパクトデジタルカメラやスマートフォン搭載のカメラなどでは決して撮影することができないような、特殊な写真を撮影することができるのが一眼レフカメラの強みです。

それではまず、一眼レフカメラを利用した場合の「良くある失敗例」について紹介します。
初心者がやってしまいがちなのが「シャッター速度」と「絞り」の設定ミスです。
撮影する対象や、どのような写真にしたいのか、ということによってこれらの適切な設定には違いがあります。
また、これに加えてISO感度という項目の設定もあり、これらが上手く噛み合っていないと綺麗な写真にはなりません。
例えば夜景を撮影したいという場合にはシャッター速度を早めに、絞りを開放気味に、ISO感度を上昇気味に設定することで、綺麗な撮影を行いやすくなります。
せっかく一眼レフで撮影をするならば、オートフォーカスではなく、マニュアルフォーカスで撮影をしたいものです。



▽SPECIAL LINK
ニコン(Nikon)のカメラを買取してもらえます → → ニコン(Nikon) 買取

Copyright © 2014 カメラの基礎知識~撮影テクニック解説~ All Rights Reserved.